手掌多汗症の手術

『手掌多汗症』は、交感神経が過敏すぎることが原因で起きているとされています。ちょっとした事で緊張状態になり、普通の人より多い汗を出してしまうのです。ですから、『手掌多汗症』の手術では、この交感神経の働きを遮断する目的で切除手術を行います。交感神経切除手術には、「腔鏡下胸部交感神経遮断術」という難しそうな名前が付いていますが、それほど難易度が高い手術ではなく、また、大規模な手術でもありません。そして、手術は掌に行うのではなく、手術名の通り、胸の手術です。脇の下にあけた4~5mmの穴から胸部交感神経をメスで焼き切るという方法が現在では一般的に行われています。胸の手術といっても、手術時間はおよそ30分程度で済み、入院することなく当日帰宅できるケースも多いようです。手術跡も殆ど目立たないでしょう。しかし、この手術には副作用もあります。当然ですが、人によって大きく個人差があり、手術を受けた人全員に副作用が出るわけではありません。手足の発汗を抑えることはできるのですが、その代わりに別の部位からの発汗が増える「代償性発汗」というのが第一の副作用です。背中や胸の下に症状が多くあらわれるといわれています。その他にも、頭痛や喉の渇きといった症状も多く報告されているようです。いずれにしても、一度焼き切ってしまった交感神経は元には戻せませんし、その後に起こる副作用についても、事前に確実に把握できるわけではありませんから、手術は最終的な手段として考えたほうが良いでしょう。車を売るときのおすすめの一括査定サイト