恐るべし、トマトパワー!

「トマトが赤くなると医者が青くなる理由とは?」
さて、昔のことわざで「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあります。

これを聞いてあなたはどう感じましたか?
「へえ~。トマトってそんなに健康にいいのか。」って言うのが感想ではないでしょうか。

そうなのです。恐るべき「トマトパワー」を今日はご紹介したいと思います。
あなたはトマトが好きですか?
ダイエットのお腹が寂しい時につまむ食べ物としてトマトを常備しておくととても便利ですよ。
お腹がすいているわけでもないけれど、何か口が寂しいって時。ありますよね?
こんな時は手早く食べられる何かを食べたいって思いませんか?

ここでチョコレートやお菓子に手を出すか、それをトマトにするかで大きくあなたの
美容と健康に違いが現れてきますよね。
特に「フルーツトマト」少しお値段がはりますが、この美味しさと来たら!!

感動ものです。フルーツというだけあって果物のように甘くて贅沢な味がしますよ。
そしてトマトの栄養はあなたのカラダを健康に美容に、そしてダイエットに導いてくれる
素晴らしい内容です。
漢方で、トマトの事を「清熱解毒作用」というようです。
つまりどういう事かというと、血液を浄化する。その上に脂肪の消化の助けになると言うものです。
血液がサラサラになり脂肪を減らす役割を持っているって事なんです。
素晴らしいって思いませんか?
そして血圧を下げて血管を丈夫にして、お肌をキレイにしてくれる作用もあるのです。
なんて健気に働いてくれることでしょう。

トマトの成分にリコピンという成分を聞いた事ありませんか?
このリコピンはカロチンの一種で赤みを持っている成分のことです。
そしてこの成分は私達の老化や病気の原因になると言われている活性酸素を抑制してくれるのです。
活性酸素は年齢と共に増えていきますし、激しすぎる運動をする人、紫外線に長時間あたる人、たばこを吸う人には特に増えやすく老化や病気に繋がりやすくなるものです。

そういう意味でも活性酸素と戦ってくれる「トマト」の成分は大いに嬉しく歓迎したいものですよね。
トマトというと、どんなメニューを思い浮かべますか?
もちろん、生で食べるのもよし。炒めたり、煮込んだりするのもいいですね。
カロチンは油と一緒に摂るとさらに栄養価が高まる性質があるのですよ。
ですから、炒めたりするのもオススメです。
リコピンは熱に強いので煮込み料理もいい感じです。
トマトでお魚を煮るなんていうのも、栄養的にバランスが良いですね。
さらにトマトはペクチンという整腸作用を含んでいる為に便秘の改善。コレステロール値の改善にも向いていますよ。

こんなにいいことづくめの、手ごろなお野菜を食べない手はないと思いませんか?
但し、トマトはカラダを冷やす作用がありますので、沢山食べる場合は煮込むのがオススメですよ。
さてあなたなら、どんなトマトレシピを考えますか?
今夜のメニューはトマトのお肉と野菜煮込みにしようかしら?

ダイエットティー「美甘麗茶」が女性の間で大評判